SUBARU富士重工業 運動部
試合結果2017.01.02

ニューイヤー駅伝2017

日時
2016年1月1日(日)
場所
群馬県庁~各中継所~群馬県庁
区間 選手名 区間順位 区間記録 総合順位 総合記録
1区(12.3km) 阿久津 圭司 16位 35分28秒 16位 35分28秒
2区(8.3km) エドワード ロノ 37位 24分59秒 34位 1時間00分27秒
3区(13.6km) 牧 良輔 24位 39分46秒 33位 1時間40分13秒
4区(22.0km) 塩谷 桂大 35位 1時間07分40秒 35位 2時間47分53秒
5区(15.8km) 小山 司 21位 48分48秒 32位 3時間36分41秒
6区(12.5km) 山崎 敦史 19位 38分07秒 32位 4時間14分48秒
7区(15.5km) 吉田 憲正 27位 47分35秒 31位 5時間02分23秒

■監督コメント

過去最低の31位でした。 声援していただいた皆様、本当に申し訳ありませんでした。 2区のブレーキで駅伝の流れを失いました。 3区以降の選手たちは想定外の状況の中で走る事になり、苦しいレースだったと思いますが、その中で一つでも前の順位を目指して頑張ってくれました。 ロノも決して良くはない調子でしたが、使わざるをえなかったチーム状況でしたので、チーム全体の責任であり、31位は現状のチームの力だったのだと思います。 昨年の25位から更に順位を落としてしまい、私自身本当に悔しいですし責任も感じています。 今すぐに来シーズンの事は考えられませんが、数年前からベテラン主体のチームになり、思ったトレーニングが積めなくなっている事が原因のひとつではあると認識していますので、来期加入予定の新人を含めた若手選手強化に舵を切らないといけないと感じています。 そして選手のみならず、スタッフが今日の結果を真摯に受け止め本気で変わらないといけないと思います。 駅伝の失敗は駅伝でしか挽回できないと思いますので、この悔しさを次回のニューイヤー駅伝にぶつけられるように一年間努力したいと思います。 朝早くからの応援、本当にありがとうございました。

 

■1区 阿久津選手 スタート ⇒ 16位

2017NY阿久津⑥

阿久津選手コメント】

今回も1区を走りました。直前までアキレス腱に違和感があり練習不足だったため、レースは中盤以降からいっぱいいっぱいで最後のスパート合戦で勝負に混ざれなかったのが残念でした。 しかし先頭と10数秒差で渡せたのは及第点だったと思います。 チームとして過去最低順位をとってしまい応援してくださった方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。 駅伝はこれで終わりですが個人レースでしっかりとした結果を出さなければと思いますので、残りのロードシーズン頑張って行きたいと思います。 応援ありがとうございました!

 

■2区 ロノ選手 16位 ⇒ 34位

2017NYロノ  

 

■3区 牧選手 34位 ⇒ 33位

2017NY牧

【牧選手コメント】

レース序盤は調子よく入っていけましたが、1人抜いたあとその先の集団に中々追いつけず、苦しくなってくるタイミングで単独走をしていたため後半は思いの外タイムが伸びませんでした。また今回は2区の出遅れが響き、残念ながら駅伝をしたなと言える感覚がありません。個人的に楽しみにしていた大会だけに、それが一番悔しいです。次はみんなで喜びあえるような結果が出るように、しっかり取り組みます。応援ありがとうございました。

 

■4区 塩谷選手 33位 ⇒ 35位

2017NY塩谷

【塩谷選手コメント】

応援ありがとうございました。 4区を走らさせていただきましたが力不足で不甲斐ない結果になってしまいました。 エースなら流れを変える走りをしたいといけないはずが、順位を落としてしまいチームに迷惑をかけてしまいました。 来年はこの借りをしっかり返したいと思います。

 

■5区 小山選手 35位 ⇒ 32位

2017NY小山

【小山選手コメント】

苦しい位置からスタートしたレースにも関わらず、沿道からの沢山の声援をありがとうございました。1つでも上の順位を目指して走りましたが期待に応えられずに非常に情けないです。 ただ落ち込んでいても強くなることは出来ませんので、次は必ず結果で応えるために今からまた精進して参ります。 本日は朝早くからありがとうございました。

 

■6区 山崎選手 32位 ⇒ 32位

2017NY山崎

【山崎選手コメント】

今回のNY駅伝は非常に厳しい試合になりました。 私自身も直前に脚を痛めてしまい、走れるか走れないかギリギリまで分からない状況でした。 それまで決まりかけていた区間配置を練り直すような状況を作ってしまいチームに迷惑をかけてしまいました。 今回の6区はしっかりその分を取り戻す走りをしたかったのですが、なかなか思うように走れず悔いの残る走りとなってしまいました。 これから今までの自分の取り組みをしっかり見つめ直して、また来年に向けてやっていきたいと思います。 応援本当にありがとうございました。

 

■7区 吉田選手 32位 ⇒ 31位

2017NY吉田②

【吉田選手コメント】

元旦から応援ありがとうございました。 チーム、個人の記録共に悔しさしか残らない結果でした。 またチーム順位が下にも関わらず沿道の皆さんが必死に応援してくれたことに本当に感謝しています。 このあとも試合は控えていますので、そこで納得のいく走りができるよう準備していきます。応援よろしくお願いします。

 

 

2017NY駅伝 集合写真

たくさんのご声援ありがとうございました。 チームの結果は総合31位で、皆様のご期待に添えるような走りはできませんでした。 この反省を活かし、次のニューイヤー駅伝では結果を残したいと思います。   結果についてはこちらのサイトをご覧ください。