SUBARU富士重工業 運動部

上州アスリートクラブ陸上教室を開催

3月11日(土)群馬県高崎市を拠点に活動している上州アスリートクラブ主催の陸上教室が開催され、SUBARU陸上競技部の阿久津圭司選手、小山司選手が講師として参加しました。群馬県在住の小学生、新1年~6年生合わせて72名の子供たちと、楽しく正しい走り方を身につけることを目的として行いました

 

20170311上州AC阿久津、小山 

 

 

ウォーミングアップで身体をほぐした後に、普段SUBARU陸上部でも取り入れている動き作りの一部を行いました。
股関節の可動域を広げたり、腕をしっかりと意識した動きを行うことで、身体全体を使った大きな走りができるようなメニューを行いました。
普段はやらないような難しい動きもみんな一生懸命に行っていました。

20170311上州AC阿久津、小山②

 

 

動き作りで身体の動かし方を覚えた後は、より実践的なメニューとして駅伝を行いました。
普通に走るのではなく、バービー・横走り・坂・ミニハードルといった様々な障害物や動きを取り入れました。これにより走るのに必要な様々な筋肉を自然と使えるようになり、楽しみながら速くなれるメニューとなっています。
みんな一生懸命走り、走らない時も一生懸命応援してくれたおかげで、良い雰囲気の中素晴らしい練習ができたと思います。

20170311上州AC阿久津、小山③

 

 

最後は整理体操を行い、みんな怪我なく終えることができました。

 

 

【阿久津選手コメント】

今回は上州アスリートクラブ様主催の陸上教室に小山選手と行ってきました。

普段から運動している子がほとんどなので、我々が教えようとする種目を上手にこなしておりさすがだなと感心しました。
障害物駅伝でも「もう一回走りたい!!」と言ってくれる子も多く、積極的で良い子ばかりでした。
天候に恵まれましたが上州の空っ風が吹いており、時折飛ばされそうなりながらも子供たちは元気いっぱいにやってくれこちらも教えていて楽しかったです。

上州アスリートクラブの監督、スタッフ、子供の保護者の方々ありがとうございました!

 

【小山選手コメント】

天候にも恵まれ、とても良い雰囲気の中で行うことが出来ました。
駅伝の後もまだ走りたいという子供が沢山いて、元気さに圧倒されました。元気な子供と一緒に走ることで私たちも元気になれますし、純粋に走るのが好きだった時の気持ちも思い出す良いきっかけになりました。

本日はありがとうございました。